Online Service – 3rd Sunday in Lent

  Online Service

- Church of All Nations -

March 20, 2022

3rd Sunday in Lent

Welcome

Opening Word 招詞

Let us begin the service with the words of Scripture.

聖書のみ言葉を聞いて、礼拝を始めましょう。

“For sin shall no longer be your master, because you are not under the law, but under grace.” (Romans 6:14 ローマ人への手紙)

「罪は、もはや、あなたがたを支配しません。あなた方は律法のもとにではなく、恵みのもとにいるからです。」

Opening Hymn 始めの聖歌 “On a Hill Far Away” 丘に立てる荒削りの(新聖歌108番)

https://www.youtube.com/watch?v=ry8cr8Mm-ys

  1. 丘に立てる 荒削りの 十字架にかかりて

    救い主は 人のために 捨てませり命を

    十字架にイエス君(きみ) われを贖(あがな)い給(たも)う

    十字架の悩みは わが罪のためなり

  2. 世人(よびと)笑い 嘲(あざけ)るとも 十字架は慕(した)わし

    小羊イエス 神の御子が つけられし木なれば

    十字架にイエス君 われを贖い給う

    十字架の悩みは わが罪のためなり

  3. 朱(あ)けに染(そ)みし 荒削りの 十字架は麗(うるわ)し

    赦(ゆる)し与え きよくするは ただ主の血あるのみ

    十字架にイエス君 われを贖い給う

    十字架の悩みは わが罪のためなり

  4. 責めも恥も 辛くあらじ 十字架に代わりて

    たまの冠(かむり) 受くるときを 日々待てるわが身は

    十字架にイエス君 われを贖い給う

    十字架の悩みは わが罪のためなり

The Commandments (Decalogue) 十戒

Officiant 司式者:

During the Lent season, we will read the Decalogue.

Hear the commandments which God has given to His people, and examine your hearts.

レントの期間、私たちは十戒を読みます。神が民に与えられた戒めを聞き、振り返りましょう。

“I am the Lord your God: You shall have no other gods but Me.

You shall not make for yourself any idol.

You shall not dishonour the name of the Lord your God.

Remember the Sabbath and keep it holy.”

「わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。

あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。

あなたは、あなたの神、主の御名をみだりに唱えてはならない。

安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」

All: Lord, have mercy upon us and write all these Your laws in our hearts.

主よ、憐れんでください。あなたの掟を心に刻みます。

Officiant 司式者:

“Honour your father and your mother.

You shall not commit murder.

You shall not commit adultery.

You shall not steal.

You shall not bear false witness against your neighbour.

You shall not covet anything which belongs to your neighbour.

「あなたの父と母を敬え。

殺してはならない。

姦淫してはならない。

盗んではならない。

あなたの隣人に対し、偽りの証言をしてはならない。

あなたの隣人の家を欲しがってはならない。」

All: Lord, have mercy upon us and write all these Your laws in our hearts.

主よ、憐れんでください。あなたの掟を心に刻みます。

Collect for 3rd Sunday in Lent 特祷

Father of mercy, alone we have no power in ourselves to help ourselves. When we are discouraged by our weakness, strengthen us to follow Christ, our pattern and our hope; who lives and reigns with you and the Holy Spirit, one God, now and for ever. Amen

憐み深い父よ、私たちは一人では自分自身も助けることのできない力のない者です。自分の弱さに落胆させられる時、私たちの手本であり、希望であるキリストに従うことができるよう力づけて下さい。父と聖霊とともに今もとこしえに生き、支配しておられるイエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

Scripture Passages 聖書朗読

Psalm 32 詩篇

Blessed is the one

whose transgressions are forgiven, whose sins are covered.

Blessed is the one

whose sin the Lord does not count against them and in whose spirit is no deceit.

When I kept silent, my bones wasted away through my groaning all day long.

For day and night your hand was heavy on me;

my strength was sapped as in the heat of summer.[b]

Then I acknowledged my sin to you and did not cover up my iniquity.

I said, “I will confess my transgressions to the Lord.”

And you forgave the guilt of my sin.

Therefore let all the faithful pray to you while you may be found;

surely the rising of the mighty waters will not reach them.

You are my hiding place;

you will protect me from trouble and surround me with songs of deliverance.

I will instruct you and teach you in the way you should go;

I will counsel you with my loving eye on you.

Do not be like the horse or the mule, which have no understanding

but must be controlled by bit and bridle or they will not come to you.

10 Many are the woes of the wicked,

but the Lord’s unfailing love surrounds the one who trusts in him.

11 Rejoice in the Lord and be glad, you righteous;

sing, all you who are upright in heart!

幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。

幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人、心に欺きのないその人は。

私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました。

それは、御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。セラ

私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを 赦されました。セラ

それゆえ、聖徒は、みな、あなたに祈ります。あなたにお会いできる間に。まことに、大水の濁流も、彼の所に届きません。

あなたは私の隠れ場。あなたは苦しみから私を守り、救いの歓声で、私を取り囲まれます。

セラ

わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。

あなたがたは、悟りのない馬や騾馬のようであってはならない。それらは、くつわや手綱の馬具で押えなければ、あなたに近づかない。

悪者には心の痛みが多い。しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。

正しい者たち。主にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。

Reader 朗読者: Glory to the Father, and to the Son, and to the Holy Spirit:

栄光は、父と子と聖霊に、

Officiant 司式者: As it was in the beginning, is now, and will be forever. Amen.

初めのように、今も、世々に限りなく。 アーメン。

Luke 15:11b-32 ルカ福音書

11 Jesus continued: “There was a man who had two sons. 12 The younger one said to his father, ‘Father, give me my share of the estate.’ So he divided his property between them. 13 “Not long after that, the younger son got together all he had, set off for a distant country and there squandered his wealth in wild living. 14 After he had spent everything, there was a severe famine in that whole country, and he began to be in need. 15 So he went and hired himself out to a citizen of that country, who sent him to his fields to feed pigs. 16 He longed to fill his stomach with the pods that the pigs were eating, but no one gave him anything. 17 “When he came to his senses, he said, ‘How many of my father’s hired servants have food to spare, and here I am starving to death! 18 I will set out and go back to my father and say to him: Father, I have sinned against heaven and against you. 19 I am no longer worthy to be called your son; make me like one of your hired servants.’ 20 So he got up and went to his father. “But while he was still a long way off, his father saw him and was filled with compassion for him; he ran to his son, threw his arms around him and kissed him. 21 “The son said to him, ‘Father, I have sinned against heaven and against you. I am no longer worthy to be called your son.’ 22 “But the father said to his servants, ‘Quick! Bring the best robe and put it on him. Put a ring on his finger and sandals on his feet. 23 Bring the fattened calf and kill it. Let’s have a feast and celebrate. 24 For this son of mine was dead and is alive again; he was lost and is found.’ So they began to celebrate. 25 “Meanwhile, the older son was in the field. When he came near the house, he heard music and dancing. 26 So he called one of the servants and asked him what was going on. 27 ‘Your brother has come,’ he replied, ‘and your father has killed the fattened calf because he has him back safe and sound.’ 28 “The older brother became angry and refused to go in. So his father went out and pleaded with him. 29 But he answered his father, ‘Look! All these years I’ve been slaving for you and never disobeyed your orders. Yet you never gave me even a young goat so I could celebrate with my friends. 30 But when this son of yours who has squandered your property with prostitutes comes home, you kill the fattened calf for him!’ 31 “‘My son,’ the father said, ‘you are always with me, and everything I have is yours. 32 But we had to celebrate and be glad, because this brother of yours was dead and is alive again; he was lost and is found.’”

またこう話された。「ある人に息子がふたりあった。弟が父に、『おとうさん。私に財産の分け前を下さい。』と言った。それで父は、身代をふたりに分けてやった。それから、幾日もたたぬうちに、弟は、何もかもまとめて遠い国に旅立った。そして、そこで放蕩して湯水のように財産を使ってしまった。何もかも使い果たしたあとで、その国に大ききんが起こり、彼は食べるにも困り始めた。それで、その国のある人のもとに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって、豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆で腹を満たしたいほどであったが、だれひとり彼に与えようとはしなかった。しかし、我に返ったとき彼は、こう言った。『父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。立って、父のところに行って、こう言おう。「おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。息子は言った。『おとうさん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。』ところが父親は、しもべたちに言った。『急いで一番良い着物を持って来て、この子に着せなさい。それから、手に指輪をはめさせ、足にくつをはかせなさい。そして肥えた子牛を引いて来てほふりなさい。食べて祝おうではないか。この息子は、死んでいたのが生き返り、いなくなっていたのが見つかったのだから。』そして彼らは祝宴を始めた。ところで、兄息子は畑にいたが、帰って来て家に近づくと、音楽や踊りの音が聞こえて来た。それで、しもべのひとりを呼んで、これはいったい何事かと尋ねると、しもべは言った。『弟さんがお帰りになったのです。無事な姿をお迎えしたというので、おとうさんが、肥えた子牛をほふらせなさったのです。』

すると、兄はおこって、家にはいろうともしなかった。それで、父が出て来て、いろいろなだめてみた。しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はおとうさんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、 子山羊一匹下さったことがありません。それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』父は彼に言った。『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」

Reader 朗読者: The Gospel of the Lord これはキリストの福音

Officiant 司式者: Praise to you, Lord Christ. キリストを讃美します。

Homily 宣教

“True Child of the Father” by Rev. Shihoko Warren 「本当の父の子」

*Breakout session (日英に分かれますので、必要な方は2台のデバイスでご参加ください)

Intercession and Thanksgiving (Prayers of the People) 執り成しと感謝の祈り

Confession & Absolution 罪の告白とゆるし 認罪文及赦罪文

Officiant 司式者: Let us examine ourselves and confess our sins.

神のみ前にひざまずいて、自らを省み罪の赦しを祈りましょう。

我們懇求主赦免我們的罪。

Most merciful God, we confess that we have sinned against You in thought, word and deed, by what we have done, and by what we have left undone. We have not loved You with our whole heart; we have not loved our neighbors as ourselves. We are truly sorry and we humbly repent. For the sake of Your Son Jesus Christ, have mercy on us and forgive us; that we may delight in Your will, and walk in Your ways, to the glory of Your Name. Amen.

憐れみ深い父なる神よ。 私たちは、してはならないことをし、しなければならないことをせず、思いと、言葉と、行いによって、多くの罪を犯しています。どうか罪深い私たちをお赦しください。新しい命に歩み、み心に従い、み栄えを現すことができますように、救い主イエス・キリストによって祈ります。 アーメン

最慈悲的上帝, 我們承認在思想、言語和行為上, 常常得罪了祢;

應做的不做,不應做的反去做。 我們沒有盡心愛祢,也沒有愛人如己。

現在我們痛心懊悔,謙卑認罪。 懇求祢施憐憫,為了聖子耶穌基督, 饒恕我們; 使我們樂意遵行祢的旨意,蒙祢悅納, 而歸榮耀給祢的聖名。阿們

Priest 司祭:

Almighty God, our heavenly Father, who in His great mercy has promised forgiveness of sins to all those who sincerely repent and with true faith turn to Him, have mercy upon you, pardon and deliver you from all your sins, confirm and strengthen you in all goodness, and bring you to everlasting life; through Jesus Christ our Lord. Amen.

全能の神が、私たちを憐れみ、すべての罪を赦し、恵みと力を与え、み心にかない 永遠の命の道を進ませてくださいますように、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

全能的上帝,我們的天父,大施憐憫,應許將赦罪的恩,賜與誠心悔罪, 真信主而歸向主的人。

現今願上帝為我主耶穌基督的功勞,憐恤你們,赦免你們,救你們脫離自己所犯眾罪,賜你們行善的力量,使你們能得 永遠的生命。 阿們

Closing Hymn 終わりの聖歌

“When I Survey the Wondrous Cross” 栄えの主イエスの(新聖歌118番)

https://www.youtube.com/watch?v=tRfcehP0SLU

  1. 栄えの主イェスの 十字架を仰げば

    誉れもむなしく 宝も益なし

  2. 十字架を誇りて この世を卑しめ

    いかなるものをも 喜び打ち捨てん

  3. 仰げや茨を いいただきたもう主を

    御手より足より 血潮のしたたる

  4. あまりに賢き 主イェスの恵みに

    身と魂ことごと 献げてひれ伏す

Lent Blessing レント祝祷

Celebrant 司式者:

May Christ give you Grace to grow in holiness,

to deny yourselves, take up your cross, and follow Him;

and the blessing of God almighty, the Father, the Son, and the Holy Spirit,

be among you and remain with you always. Amen

キリストが私たちに恵みを与え、私たちが聖なる者へと成長し、「自分を捨て、自分の十字架を背負って、イエスに従う」者でありますように。そして、全能の神の祝福が、父と子と聖霊によって、あなた方の中にあり、 いつもあなたがたと共にありますように。アーメン

Dismissal 派遣

Officiant 司式者: Go in peace to love and serve the Lord.

主を愛し、主に仕えるために、平和と共に、この世に出て行きましょう。

All 一同: In the name of Christ. Amen 主のみ名によって。 アーメン

Announcements 報告

Happy birthday to Terry in Nikkei Home, who will celebrate her 90th birthday on the 28th and the Very Rev. Archie, celebrating his 80th birthday on the 29th!

If you haven’t sent your birthday message to the Very Rev. Archie, please send to Yuko by the end of today.

Next Sunday, on March 27th, we will have small group worship services:

Sunday School small worship starts at 1:30pm.

The Japanese group small worship starts at 2:00pm.

The English group small worship starts at 3:30pm.

We will finish the series of study “Spiritual Gift” on that day.