Advent Season 2014

imagesC3DCTZGC

The Season of Advent began from November 30th this year (a period of 4 Sundays & the weeks before Christmas). Advent means ‘coming’ in Latin.  The coming of Jesus Christ has a triple meaning; past, present, and future. ① Saviour came to the world about 2,000 years ago to save mankind, ②He is in the midst of those who believe in Him, ③on the last day, He will come back again. During Advent, we are to prepare and remember the coming of Christ in these 3 aspects!
“The people walking in the darkness have seen a great light; on those living in the land of the shadow of death a light has dawned.” (Isaiah 9:2)
We especially pray for those who are in sickness, those who nurse the sick, those who are in a transition stage of life, and those who suffer; May the light and hope of Christ Jesus be dawned upon them!   Also praying that “Glory to God in the highest, and on earth peace to men on whom His favor rests!” (Luke 9:2)

今年は、11月30日(日)から、アドベント・シーズン(クリスマス前の約4週間)が、始まりました。「アドベント」は、ラテン語で「到来」の意味です。イエス・キリストの「到来」には、過去、現在、未来の3重の意味があります。①救い主が、約2千年前、この世に来られたこと、②イエスの十字架と復活を信じる者のただ中に、キリストが来ておられること、③終わりの日に、再びキリストが栄光のうちに来られること。 アドベントの期間、私たちは、キリストの3重の「到来」について、思いをはせるのです。
「闇の中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいたものたちの上に、光が照った。」(イザヤ9:2)
今、病の中にある方、看病に当たる方、人生の変わり目の中にある方、大きな決断の中にある方、また、苦しみの中にある方がたのうえに、 格別に、イエス・キリストの「到来」の喜びと希望が照らされて、主が最善へと導かれますように、心から、祈ります。 同時に、「いと高き所に、栄光が、神にあるように。地の上に、平和が、み心にかなう人々にありますように!」(ルカ2:14)